取扱商品のご案内

建設工事中の資材等に、あるいは設備工事中の工事対象物が不測かつ突破的な事故に遭った場合にお役に立ちます。 建設資材の補償 建設工事保険・組立保険

工事現場において、建設中の建物資材等、設備工事中の工事対象物に、不測かつ突発的な事故により損害が生じた場合、その復旧費用を補償します。

こんなとき保険金をお支払いいたします。

火災・落雷・破裂
または爆発による損害
建設中の建物への被害の損害 盗難による損害
マンション工事の溶接作業中、火花が飛んで塗料に引火し、工事中の建物の受電盤・扉等を焼損した。(損害額521万円) クレーン車の操作を誤り、工事中の建物の玄関に衝突し、建物が破損した。(損害額90万円) 店舗工事中、工事用資材であるパネルが盗難にあった。(損害額110万円)
マンション工事の溶接作業中、火花が飛んで塗料に引火し、工事中の建物の受電盤・扉等を焼損した。
(損害額521万円)
クレーン車の操作を誤り、工事中の建物の玄関に衝突し、建物が破損した。
(損害額90万円)
店舗工事中、工事用資材であるパネルが盗難にあった。
(損害額110万円)

※火災・落雷・破裂または爆発以外の事故による損害については、申込書まはた保険証券に記載の控除額が適用されます。

保険の特長

1 建設中あるいは組立工事中に生じた不測の損害による出費を予算化できます。
2 年間総括契約とした場合、工事毎に保険を手配する手間が省け、保険を付け忘れる心配がありません。
3 お支払いは月払・口座振替もOK。
4 一定の条件を満たせば、保険料確定方式(着工工事の通知や保険期間終了後の保険料精算が不要)をお選びいただけます。

※保険料確定方式をお選びいただく場合、保険金額(直近の合計年度(1年間)における完成工事高の税込総額)が30億円以下に限られる等いくつかの条件があります。詳細につきましては営業担当者にお問い合わせください。

保険金をお支払い出来ない主な場合

 保険契約者、被保険者または工事現場責任者の故意または重大な過失等による損害
 地震もしくは噴火、またこれらによる津波によって生じた損害
 保険の目的の設計、材質または製作の欠陥を除去するための費用
 保険の目的の性質またはその自然の消耗(さび等)、劣化などの損害
 戦争・暴動・騒じょう・労働争議などによる損害…等


このページのトップに戻る
Copyright © 2008 - 2018  Best Premium Co., Ltd.  All rights reserved.